教育

わかくさ保育では、自由保育を中心軸にしてその子のペースを受け止め、個性を伸ばし、自立感を育てるよう工夫しています。自己中心児になることを防ぐために、1日のプログラムの中に集団活動(後片付け・体操・年齢別活動など)があり、その他、お出かけの日には近くの公園や自然の中に入って友達と遊んだり、各行事を通して集団活動が行われ、社会協調を育てるようにしてバランスをとっています。危険なこと、してはいけないこと、情緒の安定にかかわること、基本的な行動や人間関係に関わることは随時指導しています。
幼児の発達課題は、自立感を身に付けることであり、これが小学校の活動性や自発性につながっていきます。幼児がしたくないことを無理にさせようとしても、身に付くものではありません。幼児が「自分で、自分が、自分から」活動する環境づくりの工夫と、個人記録に基づく働きかけを、わかくさの保育では大切にしています。

教育方針の意味するところ ①ゆったりとした時の流れ→
  一人ひとりの子どものペースを大切にします。(2名担任制)
②伸び伸びと保育します→
  自由による自立(試行錯誤)により、体で学ぶきっかけづくりをします。
③幼児にとって魅力ある教材・教具の選択の自由→
  自主性を育て、園外保有や豊かな体験を通して脳の発達を促します。
④社会的協調・基本的行動の育成→
  年間、1日の保有のプログラムに集団活動・多彩な行事・縦割保有を
  バランスよく計画しています。
⑤人間関係を学ぶ体験・自然体験(体験・思考・自主・創造・個性・協同)→
  情緒の安定を図ります。
⑥自己中心児・過剰適応児にならないようバランスをとり保育をします。
⑦対話を重視します。